口袋妖怪農園

ポケモン

点ではなく線で捉える

正面からの撃ち合いはシューティングゲームにおいて避けて通ることはできませんが、ごく自然なその行動は常にリスクと隣り合わせであるという認識を持った方が良いでしょう。

f:id:iropiiii:20180803233715j:image

正面からの撃ち合いは、敵の動きを読んで移動先にエイムを合わせる、いわば「点で捉える」撃ち合いです。これがまあしんどい。正確なエイム力と敏感な反射神経が求められます。実力に開きが無ければ五分五分の勝負になってしまいます。

これは理想的な会敵の仕方ではありません。

ではどのようなシチュエーションが理想なのか?

ズバリ、「敵に気づかれずに先手を取る」のが撃ち合いにおける理想形なのです。

 

つまりこういうこと。

f:id:iropiiii:20180803235234j:image

敵にバレない位置から狙いを定め、移動先を線で捉える。エイムを置いておくということです。

瞬間的な読みや反射を必要とせず、ローリスクで敵を狩ることが可能です。

 

一言でまとめると「芋るときは芋れ」ってことです。これに尽きます。

まあ、もっとカッコいい言い方をするならば…そうですね…

 

を使い分けろ†

 

以上です。