口袋妖怪農園

ポケモン

【S6使用構築】岩石王者イシキング【最高1622】

アローラ!ぴーまんです!

ポケモンSM最期のシーズンが終了しましたね。皆さんお疲れ様でした。

 

まず最初に僕のS6でのコンセプトについて。

まあ単純明解、「イシツブテで勝つ」です

具体的な目標は「1600に乗る」こと。正直僕の腕では1500台で踏ん張るのが関の山かと思っていたのですが、無事達成することができて一安心といったところです。しかし一匹の差というのは非常に大きいですね。パーティ組む時点ですでに頭抱えてました。

 

ではなぜイシツブテを選んだのか──

それは劇場版の方で明かされることにしておいて、パーティ紹介です。

 

f:id:iropiiii:20171110004830p:image

主役は最後ね。我技名省略、失礼。

 

ウルガモス NN:オルガモス

f:id:iropiiii:20171110161147g:plain

性格:控えめ

努力値:CS252

持ち物:こだわりスカーフ

技構成:オバヒ さざめき めざ氷 蜻蛉

 

スカーフで止まらないウルガモス。とにかく奇襲性能が高いです。高速紙耐久(コケコなど)とガブマンダはカモ。

蜻蛉は対面操作やミミッキュ包茎手術などなど美味しい技ですが、炎の舞に変えた方が使いやすそうな気もします。

 

 

メガボーマンダ

f:id:iropiiii:20171110161113g:plain

性格:無邪気

努力値:A188 C68 S252

持ち物:ボーマンダナイト

技構成:捨て身 地震 流星群 大文字

 

役割破壊の名手、両刀マンダ。CはH振りナットが大文字で確1。

終盤の詰め役としてはかなり優秀だがサイクル戦には不向き。雑に使えるのがしゅき。 

 

 

テッカグヤ

f:id:iropiiii:20171110161246g:plain

性格:慎重

努力値:H164 B116 D228

持ち物:食べ残し

技構成:ヘビボン 火炎放射 ギガドレ 宿り木

 

生意気でよかった(後悔)まあC方面はほぼピンポ技なので下降補正が仇となる場面はなかったです。

Hが8n+1、Dが11n、Bは余り。調整意図は過去の僕に聞いてもわからない。Bも厚くしたかったのでしょう、多分。

火炎放射は炎4倍への打点。ギガドレはペリラグが重かったので採用しました。

 

 

ミミッキュ

f:id:iropiiii:20171110161336g:plain

性格:陽気

努力値:AS252

持ち物:きあいのタスキ

技構成:シャドクロ じゃれつく かげうち 剣舞

 

普通の襷ミミッキュ。意地っ張りとのミラーに有利。とりあえず面倒なポケモンは全てこの子に丸投げしてました。つよい。

 

 

カプ・レヒレ NN:レヒ・カプカ

f:id:iropiiii:20171110161421g:plain

性格:図太い

努力値:HBベース(忘れた)

持ち物:マゴのみ

技構成:ドロポン ムンフォ 冷ビ 自然

 

逆だ逆。

水Zで使っていた個体をそのまま流用しました。ドロポン、自然out→波乗り、瞑想inにした方がよかったと終わった後で気付かれるという悲しき守り神。元々の素材がいいので普通に仕事してくれました。

 

 

イシツブテ NN:いしさん!?

f:id:iropiiii:20171110161526g:plain

性格:意地っ張り

持ち物:イワZ

努力値:HA252

技構成:エッジ 地震 大爆発 ステロ

 

本構築の主役であり大黒柱。迷った時に初手に投げられる謎の安心感があります。

生まれ持った行動保証、頑丈を盾にZをぶっぱなす脳筋ポケモン。数多くのリザXYやレボルトを地に堕としました。いかにナメられてるのがよくわかりますね。

素の火力もそこそこあるので、地震でコケコぐらいは倒してくれます。

出し負けた時はステロ撒くか大爆発で退場。非常に柔軟に(?)立ち回れる素敵なポケモンです。もう使いません。

 

 

☆重いポケモンたち☆

・リザY

ニトチャ展開されて尚且つめざ氷持ちだと半壊します。ミミッキュ、ツブテ、マンダで対面処理してました。

 

ポリゴン2

ミミッキュでガン積みかガモスのさざめきでゴリ押すしかないです。

 

キノガッサ

ガモス蜻蛉→レヒレ→ガモスのリレーで対処。

レヒレ→ガモスは読まれたことはないが、察しのいい人はがんぷう押すと思われる。知らんけど。

 

・ペリラグ

レヒレカグヤミミッキュで何とかなるけどやってて辛い。

 

・受けループの方々

無理。

 

 

 

最後に。

結果はあまり芳しくありませんでしたが、設定した目標を達成できたのはよかったんじゃないかと思います。

イシツブテを絡めて勝つ、というのはなかなか難易度が高く、いい刺激になりました。

構築単位で見たステータスの差をプレイングでカバーするという意識を強く持つことで、自身の思考力が高まったと実感しています。

実りの多いシーズンだったとは言えませんが、今期の経験をバネにUSMでも頑張っていきたいです。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!

新作でお会いしましょう。