口袋妖怪農園

ポケモン

『ヌワラエリア』ってなんぞや?というお話。

こないだ人生初の鼻血を出したぴーまんです。

僕、レモンティー好きなんですよね。もうすきあらばレモンティーって感じで。飲みすぎて瞳の虹彩の色素もイエローカラーになってきました。全くどうしたものか…困ったもんですよ。

冗談は置いといて。で、リ○トンの紙パックの裏側に書いてあるわけですね。本日の最重要キーワード、『ヌワラエリア』が…

まあ僕もそこまで馬鹿じゃない。きっと茶葉の名産地か何かでしょうね(ここ書いてる時点では何も調べてないです。無知無知ぼでぃ

ならどこ国のどういった場所なのか。そこに焦点を当てていこうではありませんか。

自らの知識欲を満たすと同時にブログのネタをひとつ創造してしまうなんて、まさに一石二鳥。天才ですね。

 

ヌワラエリアとは?

f:id:iropiiii:20170908144228p:plain

 さて、突然ですがシンキングタイム。地図上に示されたヌワラエリアは一体どこの国にあるのか、お分かりになりますでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

ご明察、スリランカです。いやあお見事です。「ヌワラ・エリヤ」が正しい表記なんですね。失礼いたしました。

高地に位置しているため、1年を通して涼しい気候のようです。年平均気温は16℃、名産品である茶葉の生育に適しているんですね~。ちなみにスリランカ産の紅茶を「セイロンティー」と呼ぶらしいです。

セイロンティーの種類は、ハイ・グロウン・ティーミディアム・グロウン・ティーロー・グロウン・ティーの3種類に分けられ、ヌワラ・エリヤではハイ・グロウン・ティーが生産されています。標高がハイだからですね。はい。

 

まあざっとこんなところでしょうか。また一つ賢くなってしまった。

食べ物の原産地に目を向けるというのもなかなか悪くないことだと思いますよ。皆さんも何か調べてみてはいかがでしょうか。

おしまい。ありがとうございました。